◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
損害保険の本ドットネット
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
こっちも面白い♪

やっぱりあぶない、損害保険の選び方―なんで、そんなに払っているの?

『損害保険に入ろうとする人の手引としてお勧め』
私は損保関連会社に勤務する者だが、日頃、何となく理解できていなかったことが、本書を一読してかなりすっきりした。いますぐ自動車保険や火災保険に加入したいと思っている個人ユーザーの役に立つ、簡明で信用のおけるガイド本は、幾らでもありそうで実はそうでもない。損保不信で凝り固まっている本は沢山あるが、今、保険を必要としている人の役には立たない。ビジネス系雑誌の保険特集号は一つの狙い目で、私も先日、生命保険・第三分野保険のことを勉強する必要が生じて週間東洋経済(2007-4/21)を買ってきたが、雑誌やムック本は、いつも都合良く手頃なものが見つかるとは限らない。 前置きが長くなったが、本書は一般ユーザーが損害保険の概要を掴むには良い本であると思う。ただ、所得補償保険の説明の一部に問題があった。それは、多くの保険会社では精神疾患は免責ということである。この本を読んで「所得補償保険に入れば、鬱病で保険金が貰える」と思った人は、当てが外れないよう、契約する前に約款を取り寄せて免責条項を良くお読みになることをお勧めする。

戻る

こちらも必見♪
TOP

(C)損害保険の本ドットネット